SBIFXトレードの特徴とストロングポイントについて

近年の日本社会において人々のライフスタイルの多様化や社会情勢の急激な変化、IT技術の急激な発達などが大きく関与し、個人の貯蓄のあり方や資産運用のあり方等は大きく変化しました。
かつては資産運用の方法として最も人気があったものが、絶対的な安全性を誇る方法となります。
具体的な例を挙げるとすれば銀行の定期預金や国債などとなり、他の投資などと比較すると得られるリターンを少ないものの、極めてリスクの少ない安全性の高さが特徴的となっているのです。

しかしながら、長引く不況が影響し、定期預金や長期国債の運用によって得られる利息は近年では雀の涙ほどとなっており、人気に陰りが表れ始めています。
投資やFXといった資産運用であれば多少のリスクを背負うこととなうものの、定期預金や長期国債よりも得られるリターンが格段に多くなるため、時代は預金から投資へと傾いており、現代のトレンドは少額から始めることのできる投資やFXへと流れているのです。
外国の通貨を売買することによって利潤を得ることを目指すFXは有価証券の売買よりも気軽に始めることができる投資手段として初心者にもおすすめとなっています。

FXを開始するにはFX用の口座を開設する必要があるわけですが、これからFXを始めるという人に特におすすめとなるのがSBIFXトレードという業者になります。
一般的な業者の場合は、通貨の単位が100通貨単位、1000通貨単位となっています。
例えば1000通貨単位の場合ですと、米ドルと円の取引の場合、およそ40000円の証拠金が必要となるため、初心者にとっては取引開始の大きな障壁となってしまうのです。

しかしSBIFXトレードの場合は業界でも珍しい1通貨単位からの取引が可能となっています。
1通貨単位ということは取引を始める際に必要となる証拠金が4円からということを表しているのです。SBIFXトレードは現在のトレンドでもある少額からの取引開始ができる貴重なFX業者となっているのです。

私はチマチマお金を稼いでいる事に嫌気がさしてしまい、一気にドカンとお金を増やす為に、FX投資を始めたのです。
なぜ数ある投資の中でFX投資を選んだの価と言えば、それはレバレッジがあったからなのです。
FX投資はレバレッジを利用する事によって、元手の何十倍もの取引を行うことができます。
このレバレッジを使えば、少ない資金しか持っていない私でも、一気に儲けられると思いました。
そこで私は早速証券会社に口座を開き、FX投資を始めたのです。
一番最初の取引は、何とか利益にすることができました。
しかし二回目の取引では、含み損が発生してしまったのです。
普通だったら、適当な所で損切りをする所ですが、私は自分の取引の失敗を認めたくなかったので、いつまでも損切りをしないでいました。
今は含み損でも待てば、為替が反転して含み損が無くなってくれ、あわよくば含み益になってくれると勝手に思い込んでいたのです。
しかし現実は私の思惑通りなどなるはずもなく、取り返しのつかない所まで含み損が拡大してしまってからやっと損切りをしました。
その後も私は含み損が発生すると同じようにしてしまい、どんどん大きな損失を積み重ねて行ってしまったのです。
逆に含み益が発生した時は、為替が反転して含み益がなくなる事を恐れて、僅かでも含み益が発生すると利益確定をしてしまっていました。
ですから毎回私が得る利益は極わずかで、被ってしまった損失を埋めるに至らなかったのです。
こんな取引をしばらく続けていましたので、結局資金が底をついてしまったのです。
私はそれでFX投資への意欲が失せてしまい、FX投資から手を引く事にしました。
今にして思えば、私の取引はFX投資の反面教師のような物だと言えます。
一般的に損切りは早目に、利益確定は遅めにと言うのが投資の原則ですから、私は正にその逆の取引をしてしまっていたのです。
私は意地っ張りなくせに臆病な性格なので、その性格がFX投資に悪影響を及ぼして上手く行かなかったのだと思っています。
ですからこれからFX投資を始める人は、私の取引を反面教師として、私のような取引は絶対にしないで欲しいと思います。

FXはどうやって利益を出せるのかを簡単に説明するとこうなる

FXや為替取引といわれているものをする際に考えることで、なぜこの取引が利益につながるのかを考える必要がでてきます。取引でも商売でもそうですが、収益がなければ店は閉店になり、会社であれば倒産するのはだれでもわかっていることです。為替取引も利益が出なく、損失を出せば手元からお金がなくなります。そこで、FXをするにあたって収益を出すにはどうすればいいか考える必要があります。
ニュースで外国の為替市場のコーナーが有り、ドルやユーロの相場を流しているのは一般的です。ドルの場合でも、1ドル何円かは毎日変動するもので売買する中でその差額が利益になるか損失になるかが為替取引です。わかりやすい例えで、昨日1ドル90円で1000ドル購入したとすれば、9万円でドルを買ったことになります。次の日に1ドル95円になり、それを全部売れば9万5千円になり、5千円の儲けになります。ドルの動き方が1日で5円も動くことはまずありえませんが、わかりやすく例えるとこんな感じです。
でも時として、損失も出てきます。もし昨日より1ドルに対して円の数字が低ければ、ドルを売って円を買うと損失になります。ドルを購入した金額より、円を購入した金額のほうが少なくなるからで、それを繰り返すとお金がなくなっていきます。
為替相場の取引をうまくやれば、1ドルに対して円が安い時に購入して、高くなれば売却する。時間を待って、1ドルに対して円が安くなれば購入して高くなった時点で売却すればいい、といった流れが生まれます。この説明だけでは簡単に儲けられると思う人もいるかもしれませんが、現実はシビアで厳しいのもFX取引の現実です。
為替相場というのは、24時間常に上下しています。しかも一定ではなくどう動くかもわからないのです。ニュースで流れたあることがきっかけで大きく変化するのも為替取引の世界です。
世の中お金を稼ぐのに、うまくいくということはないのです。インターネットで検索すれば、FXというものがどういったものか詳しく説明してくれるサイトも多くあります。まず基礎知識を身につけて、為替取引のリスクも十分に知識として入れてからはじめていきましょう。

FXは外国為替証拠金取引と言って、外国為替の差益を狙って売買を行って利益を得る投資方法です。
これはサラリーマンにも日記のある投資で、今、一番多く行われています。
なぜ、FXが人気なのかというと、夜でも為替市場は世界中で開いているので、取引がしやすいのです。
さらに、インターネットを使って簡単に決済ができるので、自宅で自分の好きな時間にゆっくりと行うことが出来ます。
私も、このようなことを最初に知って、FXを始めてみようと思いました。そして、情報を集めて、調べていくうちに、先述したようなことだけではなく、FXでは、少額の資金でも取引を始めることができること、さらに、自分の手持ちの資金の何倍もの金額を取引することができるレバレッジという方法があることを知りました。
それによって、ますますFXに興味持ったので、口座を作ることにしました。
口座は簡単にネットから作ることが出来ました。必要事項を入力して、本人確認の書類をメールで添付したり、郵送するだけで簡単に作れました。
投資を行った最初は、多少知識を得るために勉強しましたが、自分の中で、これだと思ったものを使って取引を行いました。
最初は都合よく、一晩で2000円くらいの稼ぎを出すことができましたので、あっという間にお金を増やすことができると信じていましたが、相場が急転した途端に一気に資金がなくなりました。
そこで、諦めずに、次はどのような手法を試そうと考えて、再び行いましたが、その方法は自分の生活スタイルに向いていませんでした。
このような経験から思う事は、FXを行うのであれば、一度少額の資金で自分の思うように投資をしてみることです。それで成功すればセンスがあるのかもしれませんし、失敗すれば、そこから勉強を始めたり、自分のスタイルにあった投資方法を考えることです。
失敗をして、考えるということは今の私の投資スタイルを作ったものなので、大事な事だと思われます。

ボラの大きい相場だとバイナリーオプションは難しい

バイナリーオプション取引の時は豪ドル円を見ていますが、ボラの大きさは相変わらずです。無駄な損切りが多くなるといけないので、安定してくるまではトレードは控えようと思います。豪州の政策金利発表でついに利下げが発表されました。その後で集中的に売られてついに90円を割ってしまいました。チャートを見ると、かなり急な下降トレンドになっていました。しかも、とにかく下げるのが早いです。ストップロスを巻き込むように下げた後、戻しもかなりありました。どうしても勢いよく下げられるとよしっ!と思ってつい売りたくなってしまいます。過去に何度か豪州の政策金利発表で金利の据え置き、利下げが決定したときに勢いよく下げる場面を見ました。バイナリーオプションを始めたばかりのときは、スピードのある下落がとにかく好きで迷わず参戦していました。だけど、戻しがすごくてやられてしまうことが多かったです。勢いよく動く相場だと簡単に取れる気がしてしまいますが、実は勘違いだったことが何回かやるうちにわかったんです。エントリー箇所を1個間違えれば、すごい勢いで戻してきますから損になってしまいます。うまく行けば大儲けですが、大抵は外れという結果になります。バイナリーオプションってそんなにすぐ儲けられる相場なんてありません。勢いのある相場はそれだけ戻しも大きいので要注意です。どんな相場が安全なのかというと安定した値動きをする相場です。上下に大きく振れるような相場はあまりおすすめしません。こういう相場は上級者向きというか、誰でも難しいくらいです。

投資信託の分配金が毎月のお小遣いに

結婚して専業主婦になった私は、独身時代に比べて自由になるお金が減ってしまいました。そんなときに友人が、投資信託の分配金で毎月数万円の臨時収入を得ていると聞き、私も始めてみることにしました。

投資信託を購入する資金は独身時代の貯金で、主人には内緒にしておいたもの。万が一のときのために…と、手をつけずにいたお金です。貯金は100万円。早速銀行に行って相談すると、ちょうどNISAの制度がスタートしていたので、通常は分配金から税金が引かれるようですが、NISAの口座は非課税なので分配金を全額受け取れるということでした。

投資信託はリスクのある金融商品とのことで、購入金額より値上がりすればいいが、値下がりすることもあるとの説明もありました。私はせっかくの100万円があまり減ってしまうのは痛いけれど、毎月の分配金がある程度は欲しいということで、多少のリスクは覚悟した商品を購入しました。

いろいろな商品を購入する人もいるようですが、私は1つの商品を100万円分購入。現在は、NISAの非課税口座枠いっぱいの100万円で購入した投資信託商品から、毎月12,000円ほどの分配金が支払われています。ただ、購入時より基準価額が下がってしまったので、元手の100万円からは3万円ほどマイナスになっていますが、年間にして144,000円の分配金が入ることを考えれば、プラスだと思います。

何より、何もせずにこうして毎月12,000円のお金が入り、自由になるのは嬉しいです。そのお金でママ友とランチに行ったり、マッサージに行ったりしています。

有料配信の寄り引けトレードはあてにならない

私は3年前から有料配信の寄り引けトレードを実施してきましたが、その中でやっと分かったことがあります。
それは有料配信の寄り引けトレードで長期にわたって儲かることはできないということです。
有料配信をまとめたブログなどを見てみると、月間ベースでの成績では若干のプラスマイナスがあるものの、一見して好成績をおさめている商材が多く、1年単位でみるとプラスになっている商材がほとんどで、これなら自分がやっても儲かるのではないかと思ってしまいます。
でも、実際にお金を払って情報を配信してもらい、そのとおりに取引してみて初めて分かるのですが、継続的に収支をプラスにするのは至難の業です。
その理由のひとつは相場の状況は都度変化し、ひとつのシステムでは対応しきれないことにあります。ある年において素晴らしい成績でも翌年は大きなドローダウンを生じるケースが多々あります。
そして、成績の悪いシステムは当然のことながら市場からなくなり、その存在自体が忘れられ、ほんの一部の良い成績を出しているものだけが残ることになります。
しかし、良い成績を残した後はその反動で極度の不振に陥ることがほとんどであり、一度姿を消した成績の悪いシステムがまた名前を変えて、現れることになります。
成績が良く見えるシステムでも、それは今の時期がたまたま好成績を出しているだけで、むしろこの先の凋落ぶりが大きく懸念されます。
信頼性の低い日々の寄り引けトレードよりは、少し長いスパンでのトレードを行うスイングトレードの方が相場を読みやすいのではないかと感じており、今後はスイングトレードに取り組む予定です。

大失敗の初めてのFX取引

私がFX取引を始めたのは、FXで月20万安定して稼ぐ、といった本を図書館で見つけたことがきっかけです。そんなにうまくいくわけがないと思いつつ、FX取引がどのようなものなのか気になったので読んでみました。株取引よりもレバレッジが高く設定できるため、小額でも大きな額の取引ができることを知り、FX取引に大きな可能性を感じましたが、実際の取引方法には詳しく触れておらず、中学生くらいの数学ができれば月20万はそんなに難しくない、とのことでした。本当にそんなに簡単なのか、実際に値動きを見ればわかるだろうと思い、デモ口座を開設してみました。チャート上にいくつかのテクニカル指標を表示してみると、案の定、本に書いてあった簡単に説明された方法では、値動きを予想することはできませんでした。
しかし、FXに可能性を感じた私は、なんとかして稼ぐ取引法を編み出したいと、色々な通貨とテクニカル指標の組み合わせを試しました。そのうち、これなら稼げると思える取引方法が完成し、実際のお金で取引を始めました。売買タイミングが来たものの、初めてだからと控えめにポジションを持ちました。1週間程は思い通りに推移し、うまくいったと安心していましたが、ビギナーズラックは長く続きませんでした。
数日後、どれだけ稼げたかと期待して取引画面を見て驚きました。損益の数字が大きくなったのでうまくいったと思いきや、プラスがマイナスになっていたのです。しかしながら、そんなに値が動くのはおかしい、すぐに戻ってくるという、根拠のない自信を持っていた私はすぐには決済しませんでした。その結果ずるずると損は広がり、結局、資産の4割程を損しました。焦った私は早く取り戻さなくてはと、適当な方法で取引を重ねてしまい、資産を半分以上失ってしまいました。
最初は疑っていたFX取引でしたが、色々試しているうちに、うまくやれるような気がしてしまい、油断していました。そんなにうまくいくはずがないという気持ちを忘れないことが、FX取引をうまく行うコツの一つだと学びました。

株式投資で学んだ人生観

株式投資に関わって既に20年以上になります。この間バブルの崩壊や各通貨危機、戦争、地震、リーマン・ショックなどの荒れた相場やITバブルのような上昇相場も経験してきました。
この間、株式市場で学んだことは多くあります。銘柄の選択のために必要な財務の知識や、テクニカル分析の知識などがそれです。
ですが、株式市場で生き残る為に一番大切なことは「人の考えに流されず、自分の考えで行動する」ということです。
相場つきがよくなってくれば、週刊誌やテレビなど各種メディアで株式投資は今しかない!という感じで盛んに報道します。
そんなときが、実は株式投資をはじめる最悪のタイミングです。
逆に、世界経済の崩壊とか、資本主義の終焉といった悲観的な記事が多く掲載される時期は倒産するような銘柄さえ買わなければ何でも儲かります。
つまり人の行動の逆をすることが株式市場で儲かるコツです。
他の例えでは、株主優待でこんなに優雅な生活をしています、と株主優待狙いで成功した人が盛んに取り上げられている時期には株主優待のついた魅力的な目柄は普段より割高になっています。配当も同じことがいえます。
徹底的に天邪鬼になり人と違う行動をする必要があるのです。
相場の格言には「人の行く裏に道あり花の山」というものがあります。
これは上記のことを簡潔にまとめた基本的な格言です。
最近、この相場の格言は人生にも共通していると思うようになりました。
例えば、会社の中で新しいプロジェクトが立ち上がります。社内でも注目のプロジェクトです。このプロジェクトに参加するメンバーは他の社員から羨望のまなざしで見られます。
ところがプロジェクトがちょっとうまくいかなくなると足を引っ張る人がたくさん出てきます。そしてプロジェクトに参加していたメンバーは隅に追いやられます。
こんなことが人生には多くありませんか。
常に自分で考えて行動する、例えそれが少数派であったとしても。
これが株式投資を通して学んだ人生訓です。

新規公開株の抽選

随分前の話になりますが、友人に誘われて新規公開株の抽選に応募したことがありました。それまで株式投資などはしたことがなく、証券会社に口座を初めて開設しなければならないような初心者でした。友人は、JRが民営化して株式を新規公開した際、見事購入して初値で売り抜け、何十万も儲けたと言っていたので、同じようにできるかやってみることにしました。

新規公開株の需要や抽選のことをブックビルディング方式と呼ぶようですが、抽選になった場合、それまでその証券会社とまったく取引がない新規顧客が、抽選に入れるのかもそもそも疑問でしたが、予想通りすべて抽選に落ちてしまいました。売り出し価格に対して、新規公開価格がいつも高いわけではないのも、注意しなければならない要素ということも後からわかりました。

初めて申し込んだ頃は、その会社の事業内容や発展性などを見通す力も経験もないので、なんとなく高くなりそうな案件に申し込んだのを思い出します。資金の問題もあったので、友人と同じ有名な銘柄を申し込むことはできませんでしたが、自分が申し込んだものは、かなりの割合で、初値は募集価格より下回っていました。抽選に落ちて助かりました。

もし、抽選で当たり、その株をずっと持ち続けていれば、値上がりも期待できるのかもしれませんが、経験のある友人は、初値売り抜けを原則化していて、長期保有は考えていないようでした。友人はその時一つだけ抽選に当たり、少しだけ儲けたようです。その後、ゴムや金属などの先物取引も勧められましたが、毎日価格が気になって仕事も手につかなくなりそうなので、その時は見送ることにしました。年数がたって、いろいろな仕組みが分かるようになり、様々な投資をして、それなりに稼ぐことができました。

1000通貨から的確なFXを

FXでは、通貨ペアをある程度の額で取引することが必要となります。 基本的には1万通貨単位で売買することが必要となってきますが、実は小額単位でも取引が可能となっているのです。 基本的に1000通貨単位での取引を可能としていることによって、より小額の取引を実現できるように商品を取り扱っているところが多数存在しています。 証券会社では多数の人に取引を実現してもらいたいからこそ、無理をせず、資産運用を希望している人向けに、小額単位からの取引が可能なプランも多数あるのです。 通貨単位が小額である1000通貨で、小額からの無理せずに対応が可能だといえます。 もちろん小額で取引を実行することによって、同じ資産運用であっても、通貨にかける部分が異なるので、自分達でリスク管理を実現できるでしょう。 たとえば納得できるプランとしては、1つの通貨を1万通か購入するよりも、10の通貨ペアを1000通貨ペアずつ購入する方法を考えておくことによって、ある程度リスク管理が実現できます。 さらに、レバレッジを高くすることによって小額の通貨で取引をしても、大きな利益を得られるチャンスにつながりやすくなりますので、小額の資産運用を中心に行いたい方にぴったりな方法といえるでしょう。 自分達で取引したい通貨ペアを小額ずつ確認しながら取引できますので、いつでもどこでも快適に運用ができるばかりか、自分の財布事情に最適な運用を簡単に実現できるようになるのです。 信頼性の高い証券会社で取り扱っているかどうかは、すぐにインターネットでチェックできるので確認しましょう。

FXの口座を開くときはスプレッドに注目しよう

FX(外国為替証拠金取引)は投機の対象に外貨というなじみのある物を対象とするポピュラーな金融派生商品になります。
市場は24時間オープンしているため、日中は仕事で忙しいサラリーマンでも深夜にじっくり取り組むことができるという理由で人気があります。
FXを始めるためには業者に依頼して取引口座を開く必要がありますが、業者を選ぶ決め手の一つにスプレッドがあります。
それでは、スプレッドとはいったい何でしょうか?
スプレッドとは売値と買値の差のことを言います。
例えば1ドル100円という言い方をしますが、正確には正しくありません。
1ドルというお金に対しては値段が二つつくのです。
1ドルを買いたいときには100円かかるのに対し、売りたいときには1ドル99円99銭でしか売れない。
ですから1ドル99円99銭~100円というのが正確な表現です。
テレビのニュースで為替レートを報道してくれますが、このような表現をしています。
この売値と買値の差1銭がスプレッドと言います。
スプレッドは業者によってまちまちで2銭や3銭開いているところもあります。
売買するにはスプレッドが狭いところほど有利になりますので、取引業者を選択するときにはスプレッド比較をすることが大切になります。
FXの業者の殆どは手数料がかからないのですが、このスプレッドが実質の手数料になります。
スプレッドが狭いほど、為替レートの変動ですぐに儲けが出てきますのでスプレッドが狭い業者を選ぶことをお勧めします。