安心してお金を借りるために

お金を借りるという時に、返済時のことを冷静に考えることが出来る人とそうではない人がいます。返済時のことを考えることが出来る人は、計画的に利用することが出来る場合が多いのですが、すぐにお金が必要という人や既にお金をどこからか借りているという場合には、なかなか返済時のことを考えてお金を借りることが出来ない可能性があります。

お金を借りるというと、後ろめたさを感じる人も少なくありませんが、正しく利用することが出来れば、それほど怖いことではありませんし、正規の業者を利用することで安心して利用することが出来ます。

そこで、安全にお金を借りるためにはいくつかのポイントがあります。まず、どこで借りるのかということを決める事が大切です。銀行に比べて、申し込んでから実際に融資を受けることが出来るまでの時間が短いということもあり人気がある消費者金融業者から融資を受ける時には、そこが正規の業者であるかを確認するようにしましょう

消費者金融業者には、誰もが一度は聞いたことがある大手業者もありますが、大手業者から融資を受けることが出来ない人でも独自の審査基準を設けているため、幅広く融資を行っている中小の業者もあります。中小の業者の場合、知名度が無いため、正規の業者かどうかの見極めが難しいことがあります。

正規の業者を装った悪質の業者も存在しますので、注意が必要です。悪質な業者の特徴としては、誰にでも融資を行っていると謳っている、貸金業者として登録をしていない、金利が他の業者と比べて異常に低いもしくは高いなどがあります。

悪質な業者は、お金に困っている人に対して、優しい言葉で融資を行うことが出来るという誘いをしてきます。一度、利用してしまうと、取り返しのつかないことにもなりかねませんので、お金に困っているときこそ安心して利用することが出来る業者かどうかを見極めるようにすることが重要になります。少しでも怪しいと思ったら、利用することは避けるようにしましょう。

掲示板でお金を借りるリスクとは

皆さんはいわゆる掲示板でお金を借りること、あるいはお金を貸し出すことを考えたことはあるでしょうか。掲示板を利用しての個人間融資は、個人間での取引のため、非常に手続きなども簡単に行うことができるほか、一般のローン会社などではお金を借りることのできない方でも、個人間の信用によって、貸す側が了承すればお金を借りることができるので、それらの点ではとても便利です。

そのため利用している方も決して少なくありません。しかしながらリスクも併せ持っており、それらのリスクに対して常に警戒しておかなければなりません。例えば、あくまで個人間での取引になるので、借り手側が返済をしてくれないケースなども出てきます。また貸す側も、いくら双方の信用による取引と言えども、法定金利以上の金利で貸し付けを行うことは違法であり、出資法違反とみなされてしまいます

しかしどうしても早急にお金が必要なケースはどなたでも起こり得る可能性があります。その場合にリスクを考慮して利用することは一概に悪いこととは言えないので、もし利用する際には慎重に行わなくてはいけません。一番良いことはお金を借りないことです。もし必要ならば身近な人にお願いしたり、正規のローン会社などに依頼するほうが良いでしょう。

掲示板というところはインターネット上という性質がある以上、どうしてもリスクが絡んできます。結果として取引もうまくいかずに、個人情報のみを知られてしまい、後々嫌がらせなどにあってしまったという話もありますので、十分に注意しなければいけません。掲示板には悪徳業者や詐欺を働こうと考えているものもいます。専業主婦や生活保護者、お金を借りることのできないブラックリストに載っている方たちを食い物にしようとしているものも多くいます。もしも掲示板でお金を借りることを検討している場合は、それらに注意して甘い言葉に惑わされないようにしなければならないでしょう。

お金を借りるベストな方法は人それぞれ

お金を借りる時は、自分にとってベストな方法で借りるということが重要です。しかし、その方法は人によって異なるので、一概には決めることができません。

例えば、自動車を購入したい時、金利の高い消費者金融で借りようという人は少ないでしょう。低金利の銀行マイカーローンがベストな選択肢となることが多いです。しかし、手持ちのお金が200万円あり、210万円の自動車を購入するなら、10万円~20万円程度を借りるだけなので、大手の消費者金融で手軽に借りるというのも悪くありません。翌月の給料で一括返済をしてしまえば、利息はほとんどかかりません。ディーラーローンのほうが金利が低く、手軽に借りられますが、事務手数料や保証料をとられることもあるので、カードローンで手軽に借りたほうがよいケースもあります。

カードローンを利用する時、長期的に利用をして、限度額を上げていこうと考えるなら、銀行カードローンがおすすめです。しかし、一時的に10万円程度のお金を借りて、それ以後は利用をしない予定なら、大手の消費者金融で手軽に借りてしまうというのも有りでしょう

銀行カードローンを利用するためには、その銀行の普通預金口座を作成しなければならないことが多いです。すでにその銀行で口座を持っているなら、カードローンを1枚作ることにはほとんど手間はかからないので、そのほうがよいかもしれません。しかし、希望の銀行で審査に通らないようなケースでは、大手の消費者金融で手軽に借りてしまうという選択肢をとる人も多いです。

お金を借りる方法は人それぞれですが、大切なことは、無理のない金額を借りて、延滞をせずに返済をしていくということです。借金は人生を豊かにするためのツールですが、返済が困難になって生活が困窮してしまってはデメリットのほうが大きくなってしまいます。お金を借りる時には、しっかりとシミュレーションをして、利息と返済期間などを確認しておきましょう。

お金を借りるポピュラーな理由

なぜ人はお金を借りるのか、その理由は多岐にわたります。お金を借りるという行為は、絶対に支払わなければならないものがあり、手持ちの金額では払うことができないために、立て替えてもらうというのがベースとしてあります。よくありがちなものとしては、給料日前だけど、冠婚葬祭が入ってしまい、それの費用を出さなくてはならないというものです。そうした場合には消費者金融などでお金を借り、工面し、後で返すというのがポピュラーです。こうした理由でお金を借りる場合には、本当に必要な時だけ借りる人が多く、計画的に利用することができます。

しかし、もう1つポピュラーな理由として、ギャンブル目的でお金を借りる場合です。少額でも楽しむことができるものがほとんどですが、そんな額では楽しめないという人がお金を借りて勝負するというのが目立ちます。こうした理由の場合には、エスカレートすることが予想されます。そうした人たちが別の消費者金融でお金を借りることになっていきます。また、今ある生活を維持するためにお金を借りるなど、見栄に関する理由もエスカレートさせてしまう要因となりがちです。同じポピュラーな理由ですが、なぜ借りるのか、その緊急性などで後の借金の有無につながっていくことが分かります。

お金を借りるにしても、どうしても借りなければいけないものかどうか、それを確かめるだけでも借金の抑制につながります。ギャンブル目的、もしくは今の生活を維持するために借りるのはあまり緊急性を感じません。しかし、冠婚葬祭などは参列しなければ失礼にあたることも多く、それが親族であればより一層緊急性が高まります。緊急性のある理由なのかどうか、それを改めて考えてみるだけでも借金の額を減らすことができるばかりか、そんなことしてまでお金を借りるべき案件なのかどうか、また、誰かにお願いして立て替えてもらうことができないのかなどを考えることにもつながっていきます。

女性のことを考えたレディースキャッシング

4人に1人は、女性もキャッシングを利用していると言われています。女性だからこそ、おしゃれに冠婚葬祭にとお金がかかります。急な出費は高額になることも多く、次のお給料日までに間に合わず、困ってしまいます。

女性向け主婦向けに、様々な会社でレディースローンの商品があります。パートやアルバイトの方でも気軽に利用できるようになっています。女性のオペレーターが対応してくれるので、安心して利用することができます。レディースローンの多くは、インターネット経由で申し込みを受け付けています。自宅に居ながら申し込みができるので、誰にも合わずに済み、申込の時間の制限もありません。パソコン以外にも、スマートフォンや携帯からインターネットにつないで申し込みも可能です。

申込は、本人の名前、住所、連絡先、勤務先の名前、住所、電話番号、勤務年数、年収などです。特に勤務先の情報は大切なので、間違えずに入力するように気を付けましょう。 入力の後は、本人確認書類など必要書類の提出になります。金額が大きい場合は、公的な収入証明書の提出を求められることもあります。これは、総量規制と言って、法律によって規制されており、借入金額は他社を合わせて年収の三分の一までという決まりがあるからです。

書類の提出後に、審査が始まります。早いものでは即日に融資が可能な、キャッシングもあります。申込の順番に審査を行っていくので、申し込み後すぐに審査が開始されるとは限りません。余裕をもって、申し込みを終わらせましょう。

カードを発行の場合は、ATMやCDで利用することになります。また、カードを発行しない場合は、キャッシングはネットのみの受付になり、融資は銀行口座に振込になります。 注意しなければならないのは、専業主婦の方です。キャッシングは、安定した収入が必要になりますので、簡単に利用するのは難しくなります。そんな方には、銀行のカードローンをお勧めします。

銀行によるキャッシングには借りれる額の高さに特徴が

人々は会社から借りるとなると、主に2つの選択肢があります。銀行もしくは賃金業者になります。 その2つはよく比較されるのですが、借りる金額の高さを重視するのであれば、前者の方がベターだと考えられます。なぜなら前者の方が、比較的多くの金額を借りれるケースが多いからです。

まず前提として言えるのは、賃金業者は現在の年収に左右される傾向があります。現在の金融ルールによると、年収の3割以上を借りるのは少々難しいのですね。 ですので例えば、所得が400万の方がいらっしゃるとしましょう。その方は、最大120万まで借りる事が可能です。つまり121万以上で借りるのは、原則不可能なのですね。

ですので例えば他の会社から既に借りていて、115万だとします。それであるキャッシングの会社で新規申込をした時には、賃金業者から借りる金額の最大は5万になるのです。上記のような3割のルールがあるからです。つまり賃金業者から借りるとなると、ちょっと制限が発生する事になります。

ところで上記の話は、賃金業者に対するものなのですね。銀行の場合は、また話は異なってきます。 銀行の場合、上記のような制限は基本的にありません。ですので115万の状況でも、銀行で10万以上借りれるケースも多々あるのですね。しかし賃金業者の場合は5万に限定されてしまう訳ですから、あまり多くの金額を借りる事ができません

つまりそれが、銀行で借りる事のメリットなのです。キャッシングは賃金業者も銀行も取り扱いますが、多くの金額を望むのであれば、後者のタイプの会社が良いでしょう。 ただし銀行の場合は、若干審査は厳しめになります。それぞれの銀行により基準は色々異なりますが、少なくとも賃金業者よりは少々厳しめと考えて良いでしょう。

しかしそもそも借りれるかどうかも、やはり1度申込をしてみないと分からない一面もあります。自分では少々難しいと思っていても、借りる事ができた事例もあるのですね。ですので多くのお金が必要な時は、試しに申し込むのも一法と言えます。

なぜ早めにキャッシングの申込を完了させておく良いのか

キャッシングは、将来の備えになる一面があります。将来に何かが起こり得ると考えるならば、なるべく早めに申し込む方が良いですね。 そもそも私達は、いつお金が必要になるか分からない一面があります。突然の出費は、大いに考えられるのですね。

事例は沢山あります。例えば突然誰かの不幸が発生する可能性も、ゼロではないでしょう。結婚式なども、突然やってきます。 そうかと思えば、突然住宅で何か不具合が発生する事もあります。それで改修工事などが必要になる時には、急いでお金が必要になる事も多いのですね。また引越しなども同様で、人によっては急いでどこかに転居したいと思っている事もあります。そうかと思えば病院代など、とにかく急にお金が必要になる状況は多いのです。

そのような時に限って、急いでいる事が多いですね。特に上記の葬式や病院代などは、急を要します。余りのんびりしていると、色々ネガティブな状況になってしまいかねないからです。
そのような時に、すでに申し込みが完了しているかどうかは、非常に大きなポイントになるのですね。申込が完了していないと、ちょっと焦ってしまう確率が高いです。

確かに多くの金融会社では、即日の商品を利用する事ができます。ただ即日とは言っても、ちょっと時間がかかる事もあるのですね。会社によっては、翌営業日になる事もあります。それでは前述のような急ぎのニーズに間に合わせることができません。

しかし申込済みの時は、また話は別なのですね。その場合は、直ちにその金融会社から借りる事ができます。賃金業者によっては、手続き完了後に10秒以内に借りる事ができます。しかし申込の手続きが終わっていないと、翌営業日になってしまう事がある訳ですね。 それを考えますと、やはりキャッシングの申込は早めに済ませておく方が良いと思います。いつ何が起きるか分からないのですから、いざという時の備えの為に申込を済ませておく方が、色々とスムーズになるでしょう。

キャッシングの延滞とブラックリストについて

キャッシングは、約束の上で現金を借りることです。借りるということは、約束通りに利息を付けて返済しなければなりません。利息は、キャッシング会社の利益になります。返済は、一括で返済する場合と、分割で返済する場合がありますが、キャッシングをする時に決めた方法で返済していきます。現金を持ってキャッシング会社へ返済することもできますが、振込返済や振り替え返済をすると便利です。

決められた日に決められた金額を返さないことを延滞と言います。延滞が当たり前になり、返済を怠ると、ブラックリストに載ることになります。ブラックリストとは、信用情報機関に金融事故があったと報告されるということです。一日でも遅れると信用情報機関に報告されるのですが、1,2回では、配慮してくれる場合がありますが、何度も続いてブラックリストに載ると、今後キャッシングだけでなく、ローンを組むなど難しくなってきます

信用情報機関は、住宅ローンでは一度でも延滞の実績があると、信用情報機関で調べるとすぐにわかってしまい、他社での借り換えができなくなるくらい、信用されている重要な機関でもあります。 延滞が2か月以上続いた場合は、キャッシングの利用停止になる可能性があります。普通の延滞では、延滞期間のみ利用停止になりますが、返済しても使用できなくなるということになります。

もし、お金に困っていて、返済が難しいときは、電話をして相談することも大切です。しばらくは、利息のみ払っていく方法や、月々の金額を減額してもらうなど、頑張って返済していきましょう。約束できずに延滞している状態が続いているときは、キャッシング会社に連絡をしても返済できていないので、金融事故として報告されます。

キャッシングは、しっかり返済計画を立ててから利用しましょう。自分の収入で、いくらなら返済できるのか、本当に必要なお金なのか、返済できなくなった場合はどうするのか考えてから行えばあわてなくて済みます。

キャッシングの利用方法と、収入とのバランスを考える事が重要です。

簡単に言いましても、どのお客様でも、ある程度の計画性を持って、キャッシングをする所だと、存じますが、結構、落とし穴が有ります。先ず頻繁に急な現金が必要とかは、あまりないのが現実です。と言う事は、殆どが、今欲しい商品が有りまして、借り入れをする方が、一般的だと思います。

ですが、2、3か月後の請求を見ましたら、予定した金額より、かなり違った請求金額で有ったり、お店等の締めのタイミングで、少ない請求金額だと思いながらも、翌月の請求を見ましたら、びっくりするぐらいの金額だったりします。これが結構厳しい現実が有りまして購入金額が上がれば上がる程、月々の請求金額が読み取れない額になっていたりします。

何を言いたいかと言いますと、収入が月々では、殆どの方が、あまり変化がないのですが、請求金額だけが、かなり変動する時が有るのです。勿論、結局は商品を購入しているので、その分の金額を支払うのは、当然なのですが、現金でのお支払をしない分、金額に対して実感がわかないのも現実です。

その部分が何時の間にか予定していた金額より、やや高めの商品を購入してしまい、積もり積もって蓋を開ければ、ビックリした請求金額になっている場合が有ります。この面をよくよく考えませんと、何時の間にかローン地獄になる時が有るのです。基本的にキャッシングは、よっぽどの時と考えておいた方が良いみたいです。

気に入った商品が、欲しいと思いましても、ある程度、辛抱することで購入できた時の喜びも増し大切にできるかもしれません。これが、結局は喜びと苦労のバランスなのかも知れません。購入しました商品が、ご自身にとりまして、どこまで重要なのかにもよります。あまり、必要でもないのに安易に購入してしまいますと、結局は、すぐに捨ててしまわないかに有ります。

ですから、物を大切にする所から、スタートする事になります。最終的には、キャッシングまでしてある商品を購入する事が、本当に自分にとって、プラスになるかならないかになってきます。この点だけ、押さえれば割とキャッシングもできて良かったと思えるのではないでしょうか。