銀行によるキャッシングには借りれる額の高さに特徴が

人々は会社から借りるとなると、主に2つの選択肢があります。銀行もしくは賃金業者になります。 その2つはよく比較されるのですが、借りる金額の高さを重視するのであれば、前者の方がベターだと考えられます。なぜなら前者の方が、比較的多くの金額を借りれるケースが多いからです。

まず前提として言えるのは、賃金業者は現在の年収に左右される傾向があります。現在の金融ルールによると、年収の3割以上を借りるのは少々難しいのですね。 ですので例えば、所得が400万の方がいらっしゃるとしましょう。その方は、最大120万まで借りる事が可能です。つまり121万以上で借りるのは、原則不可能なのですね。

ですので例えば他の会社から既に借りていて、115万だとします。それであるキャッシングの会社で新規申込をした時には、賃金業者から借りる金額の最大は5万になるのです。上記のような3割のルールがあるからです。つまり賃金業者から借りるとなると、ちょっと制限が発生する事になります。

ところで上記の話は、賃金業者に対するものなのですね。銀行の場合は、また話は異なってきます。 銀行の場合、上記のような制限は基本的にありません。ですので115万の状況でも、銀行で10万以上借りれるケースも多々あるのですね。しかし賃金業者の場合は5万に限定されてしまう訳ですから、あまり多くの金額を借りる事ができません

つまりそれが、銀行で借りる事のメリットなのです。キャッシングは賃金業者も銀行も取り扱いますが、多くの金額を望むのであれば、後者のタイプの会社が良いでしょう。 ただし銀行の場合は、若干審査は厳しめになります。それぞれの銀行により基準は色々異なりますが、少なくとも賃金業者よりは少々厳しめと考えて良いでしょう。

しかしそもそも借りれるかどうかも、やはり1度申込をしてみないと分からない一面もあります。自分では少々難しいと思っていても、借りる事ができた事例もあるのですね。ですので多くのお金が必要な時は、試しに申し込むのも一法と言えます。